社会の片隅から

これまで「中国女性・ジェンダーニュース+」で取り上げてきた日本の社会や運動に関する記事を扱います。

江原由美子氏の田中俊之氏に対する批判について――田中氏の考察の到達点を踏まえた課題提起を

遠山日出也    
《目次》
はじめに――江原氏の基本的観点には共感するが……
1 江原氏による田中氏に対する批判の要約
2 田中氏の主張に対する江原氏の理解の不十分さ
 2-1 田中氏の主張の核心は、単に男性の生き方や男性性の「イメージを変える」ことではなく、「『競争』して勝利する」という男性性アイデンティティの克服
 2-2 男性の仕事中心の生き方についても、具体的な働き方の変革を主張
 2-3 田中氏の主張は、女性差別がテーマではないが、フェミニズムと親和的
 2-4 「男はつらいよ型男性学」というネーミングは適切か?
 2-5 田中氏が変革を求める主な理由は「社会が変わってしまったから」か?
 2-6 男性ゆえの困難についての認識における男性学の独自性と右派の方向性
 2-7 田中氏の主張は「男性たちにどこまで受け入れられるのか?」――私の場合
3 田中氏の考察の到達点を踏まえたうえでの課題の提起
 3-1 課題は江原氏が言うより高い水準のもの――フェミニズムとのより明確な接続、フェミニズムとの連帯
 3-2 男性が仕事で「競争」に勝つ志向と女性支配志向との関係についての認識
 3-3 労働における具体的課題におけるフェミニズムとの連帯
おわりに――女性抑圧や男性性の否定的面と社会全体の抑圧との関連への注目も必要

はじめに――江原氏の基本的観点には共感するが……

江原由美子氏が、「フェミニストの私は『男の生きづらさ』問題をどう考えるか」(現代ビジネス 2019.8.24)において、田中俊之『男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学』(中経出版編集、KADOKAWA出版、2015年)を批判した。

私も、江原氏が、「男のつらさ」に寄り添うことの意義を認めつつ、フェミニズムの観点から課題を指摘している点には共感する。また、江原氏の批判は、重要なポイントにおいて当たっている部分があると思う。

しかし、私は、江原氏は、田中氏の考察の到達点を十分把握しないままに、田中氏を批判している面がかなり大きいと考える。

田中氏の到達点を踏まえたうえで批判や課題提起をすることは、田中氏の考察を十分に生かすためにも、議論をかみ合わせて、批判や課題提起をより的確なものにするためにも、必要であろう。そのことは、男性学とフェミニズムとの相互の連携を構築するうえでもプラスになると思う。

本稿では、1で、江原氏の田中氏に対する批判を要約し、2で、江原氏の批判が田中氏の考察の到達点を踏まえていない点を述べ、3で、そのうえで提起される課題について述べたい。

1 江原氏による田中氏に対する批判の要約

まず、以下で、江原氏の田中氏に対する批判を要約しておこう。

江原氏は、まず、田中氏の考え方を以下のように要約する:田中氏は、社会が変動したにもかかわらず、男性の生き方に対する社会的イメージには変化が生じていないというギャップに「男性のつらさ」の原因を求めている。田中氏が最も問題だと指摘するのは、「男性と仕事とのつながりが強すぎる」ことである。高度経済成長期とは違って、今日では男性でも非正規雇用が増大しており、正社員になれたとしても、昇進や昇給は期待できない。にもかかわらず、今日でも「男性は学校を卒業したら定年退職までフルタイムで働くべきだ」というルールが依然としてあり、その結果、フリーターや契約社員、無職の男性自身も、自らに対して否定的評価をしてしまう。それゆえ、男の価値を仕事だけに求めるのではない男性の生き方のイメージを作ることが必要である。

それに対して、江原氏は、以下のように言う。

田中氏の著作に代表されるこうした考え方を「男はつらいよ型男性学」と呼んでおこう。こうした議論は、ロスジェネ世代以降の男性たちのつらさに、よく照準している。

日本では男性よりも女性のほうが幸福度が高いが、主観的な幸福度の高さは、客観的な生活の質の高さを意味しない。男性は、客観的には女性よりもずっと良い条件にある「仕事」においても女性より満足感が低く、「家庭生活」や「配偶者との関係」においては女性よりも満足感が高いのに、女性ほど「幸せ」とは感じていない。

「男はつらいよ型男性学」が「男らしさイメージを変える」ことに希望を見出すのは、男性は個々の要因で見れば女性よりも「満足」してもおかしくないのに、「本来あるべき男性性」イメージに縛られて、「幸福」であると思えないでいるからだろう。しかし、そのような主張は、男性たちにどこまで受け入れられるのか?

「男はつらいよ型男性学」が問題にした「男のつらさ」は、経済のグローバリゼーションによって苦境に立たされた先進国の製造業男性労働者の「つらさ」と、ほぼ一致している。彼らは、失業や賃金低下・不安定就労化を余儀なくされた。この層の不満が爆発したことによって、移民排斥・自国第一主義が世界を席巻している。彼らは、本来自分たちが得られたはずの富や特権を、弱者という名を借りて横取りしていくものとして、国内のマイノリティにも反感をあらわにする(A.R.ホックシールド、『壁の向こうの住人たち』、布施由紀子訳、岩波書店、2018)。

反感の背景にあるのが、「無意識化された特権意識」である。男性の「幸福度」が女性よりも低いのは、「自分の方が当然優先されるべきだ」と不満を感じているからではないか。

もしそうだとしたら、「男性が享受している特権」には注目せずに、「男性のつらさ」に焦点を当て、男性に呼びかけるという戦略は、この呼びかけに答える男性たちに、男性アイデンティティを強く呼び覚ますことになり、「無意識の特権意識」を刺激してしまう可能性もある。

男性の雇用のあり方の変化と男性の生き方に対する社会的イメージのギャップに苦しんでいる男性からすれば、「男性性を変える」ことよりも「男性の雇用をもと通りにする」――それは「フェミニズム叩き」に繋がるかもしれない――ことの方が、ずっとわかりやすい。

しかも、田中氏が「男性性を変えよう」と主張する主な理由は、社会的公正や平等などの価値観ではなく、「もはや社会が変わってしまったから」という外在的根拠であるにすぎない。

実際、「仕事と結びついた男性性イメージを変えること」は、より根本的な「(男性は優遇されてしかるべきだ、男性は強くあらねばならない、といった)男性性アイデンティティ」を維持したままでは、非常に困難である。「男性性イメージの変革」に向かうには、より強い動機付けが必要だ。

「男性のつらさに寄り添いつつ、男性アイデンティティを開いていく」ような男性学の展開を、期待したい。

2 田中氏の主張に対する江原氏の理解の不十分さ

私は、上述の江原氏の批判に対して、以下に述べていくような疑問を感じた。

2-1 田中氏の主張の核心は、単に男性の生き方や男性性の「イメージを変える」ことではなく、「『競争』して勝利する」という男性性アイデンティティの克服

江原氏は、田中氏の主張は「男の生き方のイメージを変えること」であり、「男の価値を仕事だけに求めるのではない男性の生き方のイメージを作」ることであると言う。

江原氏は、そうしたイメージを変えることは、より根本的な「(男性は優遇されてしかるべきだ、男性は強くあらねばならない、といった)男性性アイデンティティ」を維持したままでは困難だと批判している。

2-1-1 たしかに田中氏は男性の「イメージ」という語を使っているが……

たしかに、『男がつらいよ』(以下、「本書」と言う)には、「理想の男性イメージと現実とのギャップ」の類を問題にしている個所がある(p.10,16,103)。

しかし、まず注意してほしいのは、田中氏は、「男の生き方のイメージ」を変えるとは言っていないことである。田中氏は、「自分の価値観や行動」(p.16)、「男性の生き方」(p.103)を変えると言っている。すなわち、頭の中の観念的な話ではなく、おおむね具体的な行動を言っているのである。

また、本書の中で、「イメージ」という言葉が使われているのは4か所(1か所で3回使っている個所があるので、回数は6回)だけであり、そのうち3か所は、「はじめに」と「おわりに」である(p.10,16,221-222)。本によっては、「はじめに」と「おわりに」の中に本全体のエッセンスが書かれているものもあろうが、本書の場合は、そうではない。「はじめに」の後で、議論が具体化され、深められている。

2-1-2 田中氏の主張の核心は、「『競争』して勝利する」という男性性アイデンティティの克服

田中氏が本書で男性性について最も強調しているのは、男性の価値を「他人と『競争』して勝利すること」(p.26)に置くということである。田中氏は、その問題点を、第1章「男性はなぜ問題をかかえてしまうのか」の冒頭から語っている。すなわち、競争しているがゆえに「他人との比較」を抜け出せず、しばしば人を蔑むが、見下される側は「とてつもなく迷惑」だし、「常に勝ち続けることなど不可能」なので「すぐに自分が蔑まれる番が回ってきます」(p.28-29)と。さらに、「男は強くなくてはいけない」という圧力によって、うつ病などにかかってしまい、「弱音を吐け」ないので、気分は楽にならない(p.36-49)など。第3章では、男性が「競争」をベースにした生き方をしていることが、恋愛・結婚認識や女性との関係にも問題を起こしていることが語られており(p.122,133,144-145)、最後の第5章「これからの時代をどう生きるか」でも、「競争」の弊害が強調されている(p.204-207)。

すなわち、男性の「『競争』して勝利する」志向に対する批判が、本書全体のベースになっている。「『競争』して勝利する」志向は、伊藤公雄氏の言葉で言えば、男性の「優越志向・権力志向・所有志向」(『〈男らしさ〉のゆくえ』新曜社 1993 p.167)のうちの、おおむね「優越志向」に相当するだろう。

こうした田中氏の主張は、「男性性アイデンティティ」の、全部ではないが、重要な側面を問い直す主張だと言えよう。この点は、江原氏が「男性性アイデンティティ」の例として、田中氏同様、「男性は強くあらねばならない」ことを挙げていることを見てもわかる。

2-2 男性中心の働き方に関しても、単に「イメージ」でなく、具体的な働き方の変革を主張

たしかに江原氏が指摘するように、田中氏は「日本では、男性と仕事の結びつきがあまりにも強い」(p.7)ことは重視している。

ただし、田中氏が第2章「仕事がつらい」で説いているのは、男の生き方の「イメージ」を変えるというより、もう少し具体的な働き方の変革である。すなわち、田中氏は、長時間労働や会社が社員に「生活態度としての能力(生活のすべてを仕事に注ぎ込めること)」を求めることの是正を説いている(p.77-83)。

すなわち、男性と仕事との関係についても、田中氏が主張しているのは、単に男性の主観的イメージを変えることではなく、男性の具体的な働き方を変革することである。

2-3 田中氏の主張は、女性差別がテーマではないが、フェミニズムと親和的

江原氏は、田中氏の主張について、「男性アイデンティティを強く呼び覚ますことになり、『無意識の[女性に対する]特権意識』を刺激し」て「フェミニズム叩き」と呼応してしまいがちだと批判している。

しかし、2-1で述べたように、田中氏は、男性アイデンティティを呼び覚ますのではなく、むしろ崩している。そして、その方向は、以下で述べるように、むしろフェミニズムと親和的な方向である。

2-3-1 2-1や2-2の内容はフェミニズムと親和的なもの

田中氏は本書で女性差別の問題を正面から論じているわけではない。しかし、以上の2-1や2-2の内容は、フェミニズムと親和的な性格を持っている。

まず、2-1で述べた男性性アイデンティティの克服に関して、その点が明確に表れているのは、田中氏が、「『協調』するよう教えられてきた女性は、人との共感を目的としたコミュニケーションを取る傾向がある」のに対して、「『競争』を基本として育てられてきた男性」は「一方的にまくしたて、相手を言い負か」そうとしがちだが、それではダメで、「相手の話をしっかり『聴く力』を身につけることが必要です」と述べている(p.47-49)個所である。これは、男性の「競争」志向・優越志向について、女性性と対比しつつ克服すべきことを説いたものと言える。

田中氏は、また、男どうしの間で、論戦ではなく「自分の思っていることを話し、それをしっかり聞いてもらえる」(p.199)ような会話ができる関係を作る試みについても語っている。この点は、田中俊之『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト・プレス 2015)でさらに発展させられ、男性どうしの友だちづくりを主張している(第3章)。これは、澁谷知美氏が『平成オトコ塾 : 悩める男子のための全6章』(筑摩書房 2009)第1章で「男の友情」を提言したことに近い。『〈40男〉はなぜ嫌われるか』では、また、田中氏は、男性は、若い女性に執着するのではなく、男女間の友情を育てることを述べる(第2章、第4章)など、既成の男どうしや男と女の関係を変える主張をしている。

また、2-2の労働問題に関しても、田中氏が批判している長時間労働や「生活態度としての能力」評価は、同時に職場からの女性排除や職場における女性差別をも生み出している問題である。それゆえ、それらを是正することは、ジェンダー平等にとっても重要な課題である。

2-3-2 結婚や恋愛をテーマにした章では、男女関係の平等化を主張

また、本書の第3章「結婚がつらい」では、田中氏は、恋愛が若者の義務になっていることや「男はリードする側/女はリードされる側」という図式、男性が女性を性的魅力や若さばかりで評価すること、性の二重基準などについて、それらが男性にとっても問題をもたらすことを述べつつ、批判をおこなっている。田中氏は、こうした直接男女関係をテーマにしている章では、男女関係の平等化を説いている。

この章でも、田中氏は、男性には「『競争』して勝つ」志向があるために、「男性は女性に謝れない」が、そうであってはならず、素直に謝罪すべきことを説くなど(p.132-133)、男性の「『競争』して勝つ」志向と女性に対する態度の関連を述べている。

以上の2-3-1、2-3-2より、田中氏の主張は、女性差別をテーマにはしていないが、フェミニズムとも親和的であることがわかる。そして、それは偶然ではなく、田中氏が「『競争』して勝利する」男性アイデンティティの克服を主張していることと関係している。

田中氏が男性に説いているのは、女性に対する男性の「無意識化された特権意識」を刺激する方向ではなく、むしろその逆の方向であると言えよう。

2-4 「男はつらいよ型男性学」というネーミングは適切か?

また、以上のことを踏まえると、「男はつらいよ型男性学」というネーミングが適切かどうか疑問である。

たしかに田中氏の主張は、男のつらさに焦点を当てている。

しかし、第一に、田中氏は「男が」と言っており、「男は」とは言っていない。江原氏自身も、現在は「男『が』つらい時代」だと述べつつも、なぜ男性学の型に対するネーミングでは、「が」を「は」に変えたかについて説明していない。男「は」というと、江原氏が述べているように、「男性の人生は(女性と比較しても)つらいものだ」という中の丸カッコ内の「女性との比較」というニュアンスが生じる。しかし、「が」という語の意味や田中氏の主張には、そのような比較はなく、単に「男であること」がつらいというニュアンスである。

第二に、「男はつらいよ」という名称には、「男はつらい」ことを自嘲したり、他者(社会や女性)に向けて訴えたりしているようなニュアンスがある。しかし、田中氏の本は、主に男性に向けて、自らを変えるように訴えているのであり――この点については江原氏も認識している――そうした言説とは異なる。他の男性学の研究も、全体として言えば、「男がいかにつらいか」を主張するというより、男のつらさを分析し、その対応を考えるものではないだろうか。

「男のつらさをテーマにした男性学」といった名称にしておいたほうが適切のように思う。

2-5 田中氏が男性性の変革を求める主な理由は「社会が変わってしまったから」か?

江原氏は、田中氏のような男性学は、「いわゆるロスジェネ世代以降の男性たちのつらさに、よく照準している」と述べているが、その点を、以下のような批判に結びつけている。

(1)田中氏が男性性を変えるよう呼びかけても、「男性からすれば、『男性性を変える』ことよりも『男性の雇用をもと通りにする』こと――それは『フェミニズム叩き』に繋がるかもしれない――の方が、ずっとわかりやすい」

(2)田中氏が「男性性を変えよう」と主張する主な理由は「『もはや社会が変わってしまったから』という外在的根拠、『昔のような男性性を維持しても、メリットはない』という合理的根拠であるにすぎない」

2-5-1 たしかに田中氏自身がそうした主張を述べているが……。

たしかに田中氏は、「はじめに」で、現在は、従来のように男性が正社員として就職し、結婚して家族を養い、定年まで勤めあげるという「普通の男性」としての生き方ができなくなったことに、「多くの男性が『生きづらい』と感じる根本的な原因があります」(p.5-6)と述べている。

しかし、本書全体の内容を見ると、田中氏の議論は、上の発言とは異なっている面が非常に大きい。

2-5-2 全体を読むと、田中氏は上の世代の男性の状況にも批判的

まず、2-1で述べた「『競争』して勝利する」という男性性アイデンティティの問題や2-3-2で述べた恋愛や結婚の問題は、どう見ても、基本的には上の世代からあったものであり、ロスジェネ世代になって初めて生じた問題ではないだろう。

さらに、2-2の仕事や雇用の問題についても、田中氏は、団塊の世代の定年退職者が、それまで仕事一筋で生きてきたために、虚脱感や喪失感に悩んでいることを、「昭和的男らしさ」の問題として指摘している(p.91-94)。また、田中氏は、ある定年退職者の男性が、現役時代を振り返って「残念」だと述べたこと、すなわち、サラリーマンという「普通」の生き方しかできず、自分にはその程度の能力しかなかったのが「残念」だという気持ちを訴えたことを紹介して、「すべての男性が輝かしい業績を達成できるわけではない」以上、「『男らしさ』へのこだわりが、年齢にかかわらず男性の『生きづらさ』につながってしまう」と指摘している(p.202-204)。

社会問題という面から見ても、男性の雇用の非正規化が注目されたのこそ比較的最近だが、長時間労働や過労死に関しては1980年代には社会問題として注目されていた。

以上から見て、田中氏の主張は、上の世代の状況に関しても、全体的には批判的なものだと言えるだろう。

たしかに低成長期になったことによって「『競争』の先にいる勝者はごくわずか」(p.51)になったといった変化はあろうが、それは部分的なものであろう。

とすれば、田中氏としては、自らの考察は現代日本におけるジェンダーの根本問題についてであることを述べつつ、近年深刻さを増している面もあると主張したほうがよかったといえよう。

その意味で、江原氏の指摘は、田中氏の主張のしかたの弱点を突いていると思うが、田中氏の考察の到達点を踏まえるという面では弱点があると考える。

すなわち、田中氏が論じている男性の生きづらさの多くは、「男性の雇用をもと通りに」しても解決しないと思うし、田中氏が男性性の変革を求める主な理由が「社会が変わってしまったから」であるとも言えない。

2-6 男性ゆえの困難についての認識における男性学の独自性と右派の方向性

2-6-1 男としての困難や苦労を重視することは、世間一般の認識にすぎない

江原氏は、田中氏が「男性が享受している特権」には注目せずに、「男のつらさ」に焦点を当てていることを問題にしている。後述のように、私も、「男性が享受している特権」に注目しないことは不十分であり、それに対する批判には根拠があると思う。

しかし、「男のつらさ」に焦点を当てることが、「『無意識の特権意識』を刺激してしまう可能性もある」という点については、どうだろうか?

江原氏は、反リベラル派の男たちがマイノリティに反感を感じるのは「本来自分たちが得られたはずの富や特権を、弱者という名を借りて横取りして」いくからだと説明している。私が素朴に疑問を感じるのは、フェミニズムに対する「無意識の特権意識」にもとづく反感は、べつにつらい状況になくても起きるのではないか? ということである。たとえ幸せであっても、「幸せを脅かす者」に対する反感が起きるのではないだろうか? この点については、さらなる解明が必要だと思う。ただ、ネット右翼に関しては、それを貧困や不安定雇用と結びつける認識は、すでに実証的な調査研究によって否定されている(永吉希久子「ネット右翼とは誰か」樋口直人ほか『ネット右翼とは何か』青弓社 2019 p.23-24,34)。

また、男であるがゆえの困難や苦労を重視することは、男性学独自の主張ではまったくない。「仕事で苦労をしている夫を癒すのが、妻の役割です」といった形で語られる社会の一般通念であり、むしろ現状を肯定する文脈で語られる場合のほうが多いのではないだろうか?

もしも「男がいかにつらいか」ということだけを訴えて、それに対して何の対応も語らない「男性学」があれば、「『無意識の特権意識』を刺激」することもありうるだろうが、田中氏らの男性学がそうしたものではないのは、ここまで述べてきたとおりである。

2-6-2 男性学の独自性は、何らかの男性性についてのジェンダー平等の方向への変革にあり、右派とは方向性が逆

男性学の独自性は、一つは、男性自身が男性の困難を「つらい」と言ってもいいと認めることだろう。しかし、メンズリブは、世間一般のように、そうした訴えを女性たちに向けるようなことは基本的にしていない。メンズリブは、男たちの悩みに対して男たちが応答するために、ワークショップや「男性相談」に取り組んできた。田中氏の著作も、男性が男性たちに対して自らを変えるように訴える著作であり、この点については、江原氏による紹介からも明確である。

もう一つのより重要な男性学の独自性は、男性のつらさを語るだけでなく、必ず何らかの点で、男性性や男性役割自体を、ジェンダー平等な方向に変革する視点が入っていることにある。2-3で述べたように、田中氏もその例に漏れない。たとえば田中氏は、男性の自殺率の高さについても、「弱音を吐けないことが原因の一つ」(p.76)と述べて、「男は強くなければならない」という男性アイデンティティの問題として捉えている。

それに対して、右派の主張は旧来の男性性の回復を主張するものである。江原氏が今回参照したホックシールドも、アメリカの右派の男性性に対する訴えについて、次のように描写している。「トランプは、男たちを『もう一度偉大にする』ことも明確に約束した。“男たち”とは、拳を撃ちつけ、銃を持ち歩くマッチョな男と、野心溢れる起業家の両方を指す」(ホックシールド前掲書p.325-326)。すなわち、旧来の男性性を喚起するものであり、男性学とは相容れないものだと言えよう。

2-6-3 日本のメンズリブや男性学の言説が右派やバックラッシュに使われた例は見当たらない

男性学が右派とは方向性が逆である証拠に、日本のメンズリブがバックラッシュ的運動をした例がないのはもちろん、日本のメンズリブや男性学の言説が右派やバックラッシュ派に使われた事例も見当たらない(注1)。アメリカの状況についてはよく知らないが、ホックシールドも、そのような事例は挙げていない。

もし今後日本でそれがありうるとしたら、アメリカの「男性の権利派」のよう反フェミニスト的男性運動や保守的な立場の男性運動が盛んになって、それらと右派が結びつくようなケースではないか。

2-7 田中氏の主張は「男性たちにどこまで受け入れられるのか?」――私の場合

この点がどうであるかを実証するためには、何らかの調査が必要だろうが、とりあえず私自身の場合はどうだったか?

私は、職業的研究者になりたかったのだが、結局なれなかった。そのことに少し寂しい気持ちを抱いている。

そうした中、田中氏の『〈40男〉はなぜ嫌われるか』を読んで、ドキッとした。そこには、「競争は終わった。もう逆転の可能性はない」(p.122)と書かれており、まさにそのとおりだったからだ。

しかし、田中氏は続けて、「ただ、ほとんど全ての40男の夢は実現しなかった」(p.120)と述べている。この田中氏の言葉によって、私は、こうした問題は私だけの話ではない、自らの男性としての意識のあり方を含めた構造的な問題であることを認識させられた。

さらに田中氏は言う。「冷静になって振り返ってみれば、この40年の間に抱いてきた夢は、そもそもすべて他人事だったのではないか」「自分の頭で考え、試行錯誤し、生き方を見つけることができなければ、出世レースを続けていようが、『普通』の人生を歩もうが、『普通』から脱落しようが、全く同じである」「だからこそ、40男は夢を持つ必要がある。自分がどのような人間なのかを理解し、自分が何をしたいのかを考える」(p.131)と。

上の個所を読んで、私には、まだ、男性性の現れとしての競争原理に支配された世俗的価値観に囚われているところがあるのではないか、と反省させられた。

また、私はフェミズムにも少し関わっているが、その面でも、私は、ひょっとしたら惰性的に活動を続けているだけで、本当に自分の頭で考えて、自分が貢献できているかどうかや自分が何をしたいかを問いなおすことがおろそかになっているところがあるのではないか、と考えさせられた。

田中氏は、管理職になった友人が、競争原理にもとづく「夢」を持つのではなく、「自分の部署では定時に帰れる体制を作りたい」と言っていることについて、「素晴らしい夢」だと言っているが(p.132)、そもそも労働問題やジェンダー問題は、そうした世俗的価値観には乗りにくい。もちろん、現実にはそれらの中でも世俗的価値観が影響力を持つことはあるが、そこから脱却しなければ運動は発展しないだろう。その意味でも、田中氏が説くような姿勢を持つことは、フェミニズムを含めた社会的活動にとってプラスになる。

私の場合も、フェミニズムとの関わりを含めた、生き方をしっかりさせる上でプラスになった。

田中氏が述べていることがまったく新しい考えだというわけではないだろう。たとえば、伊田広行氏が「主流秩序論」(伊田広行『閉塞社会の秘密―主流秩序の囚われ』アットワークス 2015など参照)として説いていることとも近いし、伊田氏の方がより議論が深まっている面もあろう。しかし、田中氏は田中氏なりの経験や研究から語っているからこそ、独自の説得力があった。

私の場合、フェミニズムをそれなりに受け入れている点では、平均的な男性と同一ではない。しかし、上のような反省をすること自体は、田中氏の本の素直な読み方だと思うので、その意味では私個人の特殊な感想ではないように思う。

ただし、自分自身の問題として考えても、田中氏が語るような男性性と女性抑圧との関係については、もう少し議論を展開しないと見えてこない面があることはたしかである。

3 田中氏の考察の到達点を踏まえたうえで課題の提起

3-1 課題は江原氏が言うより高い水準のもの――フェミニズムとのより明確な接続、フェミニズムとの連帯

最初に触れたように、私も、田中氏の主張はジェンダー平等の観点から見ると課題を残しているという点では、江原氏と同感である。以下述べるように、江原氏の批判の中には、重要なポイントで当たっている点があると思う。

ただし、これまでの検討からわかるように、田中氏のようなフェミニズムに親和的な男性学の課題は、「無意識の特権意識を刺激することによって、フェミニズム叩きにならないようにする」といった低い水準のものではないだろう。より高い水準のもの、すなわち「フェミニズムにより明確に接続すること、フェミニズムと連帯すること」だと考える。

男性学にはこうした課題があることは、すでにメンズリブや女性学で指摘されてきたことである(注2)。もし田中氏のような考察とフェミニズムとがより明確な接続をして、フェミニズムとの連帯がおこなわれれば、フェミニズムにとっても利益になるだろう。

もちろん個別の研究者や著作がすべての課題を担えるわけではない。また、以下述べるようなことは、田中氏もわかっているけれども、本書では捨象しているにすぎない面もあろう。

しかし、私は、田中氏の主張がフェミニズムと接続し、連帯する上では、どのような課題があるかは明確にしておく必要があると思う。それは、トータルな男性学やジェンダー論として必要なことだと思うからである。

私は、田中氏の主張には、以下のような課題があると考える。たとえば、私が授業で田中氏の本を取り上げるとしたら、以下のような点を補足するであろう。

3-2 男性が仕事で「競争」に勝つ志向と女性支配志向との関係についての認識

3-2-1 両者の関係を認識し、男女差別全体に視野を広げる必要性

江原氏は、田中氏が「男性が享受している特権」には注目していないことを批判している。

先述のように田中氏の議論はフェミニズムと親和的ではあるが、たしかに女性との関係の変革自体については、第3章以外では、正面からは述べていない。また、田中氏は、女性が置かれた被差別的状況に対する男性の責任や男性の加害については、ほとんど語っていない。

伊藤公雄氏の言葉を使えば、男性の「優越志向・権力志向・所有志向」のうち、田中氏が論じているのは「優越志向」であり、他の2つの志向には目を向けていない。もちろん上の3つの志向は関連しているから、田中氏のように、男性の「『競争』して勝利する」志向を、「相手を言い負か」そうとすることや「女性に対して謝れない」ことと結びつけて述べることもできる。しかしながら、「優越志向」と「権力志向」と「所有志向」とは、ある程度意味が異なっている。たとえば、伊藤公雄氏は、「権力志向」を、「家庭」における権力として説明し、「所有志向」を、「女性」に対する所有として説明している(『〈男らしさ〉のゆくえ』p.112-114)。

そうした「権力志向」や「所有志向」についても正面から見つめることは、田中氏が説いている男性性の変革にとっても必要ではないだろうか。

なぜなら、田中氏が指摘する、男性が仕事中心の生活をして「他人と『競争』して勝つ」志向は、女性に対する「所有」ないし「支配」志向とも関連しているからである。

すなわち、男性が仕事において「競争」して勝とうとするのは、もちろん自分の収入や名誉のためであるが、それだけでなく、往々にして、それによって女性を「所有」したり、その女性を養うことによって「支配」したりする志向も含まれている。

それゆえ、男性が仕事中心の生活をすることや「『競争』して勝つ」志向から完全に脱却するためには、女性に対する所有・支配志向からも脱却することが必要である。

もちろん社会における男女差別は、個人的な志向によってだけでなく、社会的な制度によって支えられているので、社会的な男女差別についても認識し、なくす努力が必要になる。

田中氏がその後出版した『男子が10代のうちに考えておきたいこと』(岩波書店 2019)では、「仕事」から排除された女性の状況の問題にも触れているが、それに加えて、「競争」に参加した女性が被るさまざまなハンディキャップの問題にも視野を広げて「競争」の問題を論じる必要も出てくるだろう。

3-2-2 ジェンダー関係変革に対する男性の動機の強化

江原氏が、男性性の変革には「より強い動機付けが必要だ」と述べている点も、私は重要だと思う。

江原氏は、田中氏が男性性を変えることを主張する主な理由として、「社会的公正や平等などの価値観」を挙げていないことを問題にしている。たしかに、そうした価値観は動機として重要だ。そのほか、男性が女性の立場に身を置いて考えること、すなわち「共感」という動機も有効だろう。

ダイアン・グッドマン(Diane Goodman)は、Promoting Diversity and Social Justice: Educating People from Privileged Groups, Routledge, 2011(出口真紀子監訳、田辺希久子訳『真のダイバーシティをめざして : 特権に無自覚なマジョリティのための社会的公正教育』上智大学出版 2017)で、マジョリティが社会的公正を支持する理由を、(1)被抑圧集団の人々への「共感」、(2)自分の信念などの「道徳的原則、宗教的価値」、(3)被抑圧集団に対する抑圧の解消が自分たちの利益にもなるという「自己利益」に分けている(p.121-156[日本語訳p.180-232])。

江原氏が言う「社会的公正や平等などの価値観」は、グッドマンの分類では、(2)の「道徳的原則、宗教的価値」に当たる。それに対して、田中氏の主張は、主に(3)の「自己利益」からの主張だと言える(注3)

グッドマンは、(1)~(3)は、「それぞれが単独で社会的公正の支持を促す力を持っている。しかし多くの場合、それらは互いに関連性を持ち、複合的にはたらきかけることでより強く行動を促すことができる」(同上p.131[日本語訳p.195])と指摘している。

とすれば、(3)の田中氏の観点に、(1)や(2)の観点をもっと加味することが重要だと言える。すなわち、自分自身のためだけでなく、女性のため、社会的公正のためでもあることを認識することは、男性性の変革にとってより強い動機を持つことにつながるのではないか。

3-3 労働における具体的課題におけるフェミニズムとの連帯

3-3-1 労働問題におけるフェミニズム視点明確化の必要性

具体的な課題のレベルで言えば、長時間労働の解消や「生活態度としての能力」評価の是正などは、男性の家事・育児責任遂行や雇用における男女平等にとってプラスではあるが、十分条件ではない。この点は、やはりフェミニズムの視点を入れることによって、男性の家事・育児責任遂行や雇用における男女平等を実現する必要がある(注4)

田中氏が論じているような男性性の問題点は、男性が「妻子を養う」(p.66)役割と不可分である。とすれば、そうした男性性の問題点を完全に消滅させるためにも、家庭での性別分業や職場の性差別を完全に消滅させて、男女が共に自立し連帯した社会を実現する必要がある。その意味で、フェミニズムの視点を明確化することは男性解放にとっても必要だと言える。

3-3-2 フェミニズムとの連帯によって、男性解放の展望の現実性を高める

江原氏は、田中氏の主張を批判して、男性からすれば、「男性性を変える」ことよりも「男性の雇用をもと通りにする」ことの方が、「ずっとわかりやすい」と述べていた。

先述のように、「男性の雇用をもと通り」にしても、田中氏が主張していることは、ほとんど実現できない。また、現実的に見ても、かつての年功賃金のようなものを復活させる展望はないだろう。ホックシールドが描写しているアメリカの右派も、日本の右派も、実際には労働者の生活や権利を守るために貢献しておらず、公務員やマイノリティを攻撃しているだけである。

とはいえ、「わかりやすさ」という点は重要だろう。なぜなら、男性の生き方を変えられる社会的展望をわかりやすく示すことができるか否かは、男性が変革への志向が持てるか否かに関わってくるからだ。

今日、それを示すことは容易でないが、フェミニズム運動との連帯は、展望を切り開く上でプラスになるだろう。その意味でも、フェミニズムへの偏見(江原氏の言う「特権意識」を含めて)を克服することが重要だと思う。以下、この点を、正規雇用と非正規雇用に分けて、田中氏の主張に即してまとめてみる。

3-3-2-1 正規雇用に関して

2-2の男性の働き方の問題に関して言えば、田中氏が批判している長時間労働や「生活態度としての能力」評価は、職場での女性に対する排除・差別をも生み出しているからこそ、女性運動もそれらに対して批判してきたことを認識することが重要ではないだろうか。

たとえば、女性労働運動は、男女雇用機会均等法の制定や改正の際に、「男女共通の労働時間規制」を求めて闘った。また、賃金の女性差別をなくす運動は、競争をあおるような能力主義や恣意的な人事考課ではなく、「同一価値労働同一賃金原則」を主張して闘ってきた。そうした女性解放運動を支援したり、共闘したりしていくことが重要なのではないか。

3-3-2-2 非正規雇用に関して

『男がつらいよ』は、非正規雇用の男性に関しては、2ページしか費やしておらず、「イメージと現実のギャップに苦しむ男性たちを減らすためには、現代の経済状況に適応した新しい男性の生き方を創造するのが近道なのです」(p.103)としか言っていない。「イメージ」という漠然とした語を、田中氏が「はじめに」以外で使っているのはこの個所だけであり、この個所に関しては、江原氏の指摘が当たっているように思う。

田中氏が具体的なことを語れない理由は、田中氏が本書について、「社会のあり方や他人の考えを変えるのは難しいですが、自分の価値観や行動は自らの意志で修正できるはずです。やれることからやっていこうというのが、この本の考え方になります」(p.16)と述べていることと関係しているように思う。正規雇用の場合は、若干ながらも個人で働き方を選べる面があるのに対して、非正規雇用の場合は、低賃金などが問題だが、この点は労働者個人には決定権がまるでないからだ。

本書についての田中氏の上の考え方は理解できるが、本書の中でなくとも、どこかで社会運動的な観点にもつなげていく必要があるのではないだろうか。

ただし、田中氏は、本書の最後で、「競争の結果として生まれる格差が、誰もが納得できる範囲に収まっているかどうかについて考えてみてほしいと思います」(p.216)と述べており、この点は、均等待遇や同一価値労働同一賃金原則の話につなげていくことができるだろう。

非正規労働に関しては、丸子警報器事件以来、女性運動が前進を勝ち取ってきた面が大きいので、そうした面から、フェミニズムと結びつくことが必要になってくると思う。

おわりに――女性抑圧や男性性の否定的側面と社会全体の抑圧との関連に注目する観点も必要

以上の3で述べたことは、べつに目新しい話ではない。

しかし、以上のように田中氏の考察の到達点をきちんと踏まえて議論をすすめたことによって、江原氏の批判と田中氏の主張がよりかみ合ったものになり、議論がより具体的なものになり、展望がより明確になったとは言えるのではないだろうか?

私自身、今回の文章をまとめてみて、自分なりに田中氏の考察をフェミニズムに結びつけて理解することもできたし、逆にフェミニズムの立場から田中氏の考察を受け止めることもできたようにも思う。

ただ、フェミニズムと接続することは、そのぶん自分の思想や行動を問い直すしんどさを多く抱え込むということでもある。

それを乗り越えるためには、私は、「ある社会における女性解放の程度は、その社会の一般的解放の自然的尺度である」という大きな視点を持つことが一助になるのではないかと思っている。男性性という点から言えば、男性学では「男らしさ」の類が男性にも抑圧になっていることが論じられるが、私は、「男らしさ」が、より広く、よりさまざまな社会全体の抑圧と関係している面を見ることが重要だと思っている。

すなわち、男性の女性支配が、男性にも「コスト」を課しているというだけでなく、男性にも女性にも「社会全体の抑圧」という巨大な「コスト」を課していることを認識することで、男性が被る「コスト」もより大きなものとして捉えることができるのではないか。そのことは、男性が自らの「特権」を見直したり、女性差別に反対したりする動機をより強いものにすることなると思う。

ただし、「ある社会における女性解放の程度は、その社会の一般的解放の自然的尺度である」と言うだけでは抽象的である。それをより具体化するための一つの方法として、男性学や男性性研究で論じられてきた問題を学び、深めることは重要だと思う。そのこともあって、今回の文章を書かせていただいた次第である。

[2019年10月7日追記]文章全体の趣旨を変えない範囲で、少し文を修正させていただきました。

(注1)この点については、twitterで「家来」さんも「フェミニスト叩きをする論者が、実際に田中俊之の論を誤読あるいは悪用したケースはあるのだろうか?」と疑問を呈している(2019年8月25日23:25)(https://twitter.com/kerai14/status/1165872850328141824)。「家来」さんは、その後さらに「自分は“懸念”のレベルであったとしても、あまり江原さんの論に説得力を感じないのですが(……)そういう“悪用”をもしも見かけたら、それはきちんと批判したいですね。」と述べている(2019年8月26日午後4:47)(https://twitter.com/kerai14/status/1165893491563491328)。この点もおっしゃるとおりである。たしかに誤用の可能性はあるとしても、重要なのは、田中氏の論は、そうした誤用が誤用であることを指摘できるような論理なっているだということだと私は思う。

(注2)2006年に、メンズセンターのニューズレター『メンズネットワーク』79号で、大山治彦氏が以下のように述べている。
元々このメンズリブになる時っていうのは(……)ある程度フェミニズムや女性学を勉強していた人達、あるいは女性グループでそういったジェンダーの訓練を受けた男達が中心でした。だからそこのところが非常に前提としてあったのですよね。その加害者性であるとか社会と構造を関わらせてみるっていうのは、ある種当然と言うか(……)これが裾野が広がる中で、そういったフェミニズムとかジェンダーの勉強をしないまんまというか、出会えないまま男性のグループに直に来る人が増えてきたっていうところに、少し問題という部分もあるのかなというふうに思います。しかし私は実を言うと、ちょっと極端なものの言い方になりますが、全員が全員わからなくても、わからなくてもいいってわけじゃないんですが、それだけの興味を持つことは難しいだろうと、残念ながら思っています。だけどせめてグループの中核になっている人とか、自分の問題としてこのメンズリブを考えたいと思っている人には、それが届いたらいいなというふうに思うんですね。(p.28)
また、今年の日本女性学会の『学会ニュース』第146号(2019年5月)には、以下のようにある。
ジェンダー差別の問題には反応が悪い学生たちが、「男も苦しいんだ」というタイプの男性学の議論だけをつまみ食いしてくる。
上の2つの文は、いずれも、男性学やメンズリブを学ぶことが、自動的にはフェミニズムへの理解に結びつかないことを問題にしている。

(注3)田中氏は、第3章では、(1)(2)の観点にも言及しているが(たとえば、「女性の立場から考える」[p.133]、「性の二重基準」は「女性差別」[p.131]など)、第3章も、全体としては、たとえば「女性を性的な魅力」だけで評価しないことは「自分がいい相手に巡り合うためにも」必要だ(p.127)というふうに、男性自身のために書かれている(そのこと自体は重要だが)。

(注4)田中氏も「男性が家事・育児に責任を持たなければなりません」(p.209)と述べているが、その理由は「フルタイムで働く女性の増加に対応するために」という位置づけにとどまっている。

日本女性学会大会シンポジウム「男性性研究で何がみえてくるか」についての私の感想

日本女性学会『学会ニュース』第147号(2019年9月)(PDF)に、2019年度日本女性学会大会のシンポジウム「男性性研究で何がみえてくるか」についての私の感想が掲載されましたので、このブログにも掲載させていただきます。上のPDFには、他の方の感想やパネル報告・ワークショップ報告も掲載されています。


シンポジウムについての男性としての私の感想

遠山日出也

シンポジウム「男性性研究で何がみえてくるか」で、江原由美子さんは、近年の男性学について、ポジショナリティ論の見地から批判する一方(私は、この批判は、田中俊之さんらの主張を正確に理解した上での批判なのか疑問に感じた面があるが[*])、グローバル化の下での男性労働者の困難を反映している面もあるとし、男性性と現在の右傾化や排外主義との関わりを解明することに今後の男性学の可能性があるとされた。すぎむらなおみさんは、学校の管理教育と男性性との結びつきを指摘し、男性教員でも女性を見下さずに「(「男は」でなく)男もつらいよ」と嘆く人たちとの連帯を展望なさった。

近年の男性学に関する論争では、男性の「特権」とその「コスト」の関係が論じられたが、上の2報告は、男性性が右傾化、排外主義、管理教育などと結びついて、男にも女にも巨大な「コスト」を課していることを示唆している。私の場合、「ある社会における女性解放の程度はその社会の一般的解放の自然的尺度である」という認識がフェミニズムに関わる力になってきたので、2報告が挙げたような具体的問題に即して、男性性の克服と社会の全般的解放との関係についても解明していきたい。

田房永子さんは、エロ本や週刊誌の世界では、女性の人間としての行動を「エロ」に還元する記事が生産されていることを語られた。そうした記事は女性に実害をもたらすだけに、どうしたら変えられるのかを考えさせられた。

平山亮さんは、「覇権的男性性」概念とは、「男とはこういうものだ」という認識が性差別を正当化するのを批判するための概念であると指摘された。私も、男性には、外的要因ばかりに注目して個人でできることを怠る傾向はあると思うので、この指摘は重要だと感じた。平山さんはまた、男性学が、白人性研究などのマジョリティ研究を参照することを提唱された。伊藤公雄さんも同様の提唱をしており、私も同感だが、私はその際にも、女性学から学んだ「自らの解放のため」という視点は、自分を含めた社会を変革する力になると考える。

[*]この点に関しては、その後、江原由美子さんが「フェミニストの私は『男の生きづらさ』問題をどう考えるか」という一文を発表されたので、私は、「江原由美子氏の田中俊之氏に対する批判について――田中氏の考察の到達点を踏まえた課題の提起を」という文章を書かせていただいた。(2019年10月2日追記)

『週刊文春』の小保方さんの記事についての抗議ハガキ

『週刊文春』2014年3月27日号の記事「『STAP論文』事件のウラに不適切な〝情実人事〟 小保方晴子さん 乱倫な研究室」について、以下の抗議ハガキを、同誌編集部宛てにお送りしました(3月20日。もちろんハガキの表には、私の住所・氏名を記載しています)。


今週号の貴誌の小保方さんについての記事ですが、貴誌の独自のネタは、仮にすべて事実だとしても、しょせんは研究室内部の人間関係や私生活についての話にすぎず、不正人事の証拠はおろか、不倫の話さえ出てこず、彼女の生活の資金源に不正があるとも書かれていません。にもかかわらず、貴誌は「小保方晴子 乱倫な研究室」「『STAP論文』事件のウラに不適切な〝情実人事〟」「共同研究者の家庭にヒビ」「セレブ生活の資金源」などの大きな見出しを付けることによって、なにか彼女が不倫による不正人事でのし上がったり、表に出せない資金源を持っているかような印象を大々的に振りまいています。私も、不正な研究・人事、その組織的背景、社会的発言などについて、きちんと根拠を示して批判する記事でしたら歓迎いたしますが、そもそもプライベートなこと(男女関係や生活費の出所を含む)を書きたてるのがおかしいと思います。今後恐らく研究者としては厳重な処分を受け、重荷を負って再出発するであろう人に対して、それ以上の不当な傷を与えるような記事は止めてください。


「乱倫」という言葉は、『広辞苑』によると、「人倫を乱すこと。人倫の道にそむくこと。特に、男女の間についていう」という意味で、やや漠然としています。しかし、こうした「男女の間について人倫の道にそむくこと」という意味から考えても、また、聞きなれない言葉である以上、多くの人は言葉として類似している「不倫」に類する意味に解釈するであろうことから考えても、「不倫」≒「乱倫」と上記のハガキの中では捉えています。

また、週刊誌の記事の場合、その内容もさることながら、記事の見出しが全国紙や電車の中吊り広告に掲載されるので、大きな影響があると考え、見出しの問題も重視しています。

フェミニズムに反する上野千鶴子さんの「脱原発」シングルイシュー選挙肯定

上野千鶴子さんが、WANサイトの「ちづこのブログ」(No.59)に「都知事選は脱原発都民投票だ」(2014年1月23日)という一文をお書きになった。

上の一文で、上野さんは以下の2点を論じ、それぞれ次のように答えていると言えるだろう。
(1)「脱原発」という「国政マター」を都知事選の重要な争点にすることの是非→(上野氏の答え)是
(2)「脱原発」という「シングルイシュー」で都知事選をすることの是非→(上野氏の答え)是

私も(1)については、その通りだと思う。しかし、(2)については疑問を感じ、すぐに以下の意見をWANサイトのコメント欄に記した。

上野さんの今回の文章については、今回の都知事選では「脱原発」という争点が重要だという点については、その通りだと思います。けれども、上野さんが「シングルイシュー」を強調しておられる点については、疑問に思います(自民党に対する反論としては、一定の意味はあるにしても)。選挙は各個人のそれぞれの生活や要求をもとにして闘うべきもので、貧困や福祉の問題はもちろんですし、なかなか選挙の争点にはなりにくいジェンダーやフェミニズムの問題はどの選挙でも積極的に争点として押し出していく必要があると思うのです。たとえば、「女性と人権全国ネットワーク」では、各候補に公開質問状を出しておられますね。
http://www.projectjapanwomen.net/#!tochijisen/c226c


実際、(1)の点に関する上野さんの主張は説得力があるが、(2)の点に関する上野さんの主張は説得力に乏しい。たとえば、上野さんは都市博中止という「シングルイシュー」を公約に掲げた青島都政の下でも都政は機能したと述べ、都の福祉行政の担当者のレベルは高いので知事には「へたに手をつけてもらわないほうがよいくらいだ」とおっしゃっている。しかし、かりに上野さんの青島都政認識が正しいとしても、今後、「シングルイシュー」で当選した知事がそれ以外の分野に「へたに手をつけ」ない保証はないし、いくら担当者のレベルが高くても予算がなければどうしようもないだろう。

私がショックだったのは、一貫してフェミニズムの立場に立ってこられた上野さんが「シングルイシュー」論を唱えたことだ。私は、どこかの男性知識人が原発への強い危機感から「シングルイシュー」論を展開するのに対して、「女の問題を後回しにするな」、「女の問題は些末な問題ではない」と発言なさることが、むしろ上野さんにふさわしいと思うのだが……。脱原発政策を大いに主張しつつも、そのためにも都政において性差別解消に取り組む意義も説くこともできる(たとえば原発が差別や家父長制に支えられていることを指摘して)と思うが、それもなさっていない。これではフェミニズムの視点を放棄なさっていると言わざるをえない。

また、上野さんが説かれてきた女性運動の戦争協力への反省などから考えても、朝鮮学校への補助金支給停止やヘイトスピーチ問題(上野さんの名誉のために言えば、これらの点については、上野さんもきちんと意見を表明してこられた)を争点として無視していいとも思えない。

上野さんの一文は、特定の候補者には触れていないが、今回の都知事選の情況から見ると、ひょっとしたら細川候補を推すつもりで書かれたのかもしれない。というのは、今回の選挙では、細川陣営が「脱原発」という「シングルイシュー」を強調してきたからである。しかし、かりに細川候補を推すことが正しいとしても(私が都民だったら彼には投票しないけれど)、「シングルイシュー」論が正しいということにはならない。なぜなら、第一に、誰に投票するにせよ、投票の際には、「シングルイシュー」でなく、女性/ジェンダー政策などについても検討するべきだからだ。もちろん、たとえある候補者の女性/ジェンダー政策が劣っていたとしても、他のさまざまな要素を勘案して、その候補者に一票を投じることはありうるが、そのことと「シングルイシュー」でよしとすることとは異なる。第二に、ジェンダーやフェミニズムを争点として押し出すことによって、各候補者に、その点に関してより良い公約をさせることができる場合があるからである。候補者への働きかけや公開質問状の送付・督促、候補者相互の論戦の過程などで、候補者が当初よりもきちんとした政策を出さざるを得なくなるケースはしばしばある。実際、宇都宮候補も、前回選挙に出馬を表明した当初の政策はジェンダー視点が乏しかったが、女性の方々の働きかけで改善されたりしている。

私には、上野さんが今回、「脱原発」シングルイシューを唱えておられる理由がわからない。ひょっとしたら、最近「シングルイシュー」が流行していることと関係があるのかもしれない。たしかに脱原発運動ならば、「脱原発」という一致点ですすめるべきだろう(ただし、より有効な運動にするためには、各自の独自の観点や相互の対立点についてもきちんと議論して運動を発展させることも必要だという点も見落としてはならないと思うが)。しかし、知事の権限はきわめて幅が広い以上、原理的に「シングルイシュー」とはなじまないと思う。また、今回の上野さんの「脱原発」の中にフェミニズム視点が入っていないのは、そもそも今の日本では、エコロジーの中にフェミニズムの視点を入れる必要性を説くような「エコロジカル・フェミニズム」(たとえば、私はメアリ・メラー『境界線を破る!』に感銘を受けた)があまり発展していないこととも関係があるのかもしれない。しかし、いずれにせよ、はっきりしたことはわからないが……。

上野さんは、私などとは比較にならないくらい優れたフェミニストであることは間違いない。しかし、今回の一文に関するかぎり、何度読んでも、フェミニズムを放棄しているように思えてならない。

(※)なお、上野さんは、文中で、「それに有権者はシングルイシューだけを選んでいるわけではない。身の回りを直撃するできごとから国政マターまで連続性を持った政策の組み合わせを選んでいる」ともおっしゃっているが、それなら「連続性を持った政策」のパッケージを提示するという話であり、シングルイシュー肯定とは矛盾している。また、ある問題(たとえば原発問題)に関する理解の深さが自動的に他の問題(たとえば女性問題)への理解を保障するものではない以上、ある程度、それぞれの争点に独自性があることも無視してはならないだろう。

立命館大学の講師に対する誹謗中傷に関する同大学の声明についての同大学への手紙

立命館大学の講師に対するネット上での誹謗中傷・民族差別の件(NAVERまとめ「【デマ】立命館大学が朝鮮学校無償化の嘆願書を学生に書かせた?」など参照)について、同大学が1月15日に出した声明は本末転倒だという感じがしてならないので、昨日、立命館大学に以下の手紙を送りました(以下では、読みやすいように、実際の手紙とは異なり、段落と段落の間を1行空けてあります)。


立命館大学御中
 
 私は、貴大学の大学院の卒業生の遠山日出也と申します。以前、貴大学で、短い期間ですが非常勤講師をさせていただいたこともあります。

 さて、先日来ネット上で話題になっている「立命館大学の講師が出席カードとともに朝鮮学校の無償化を求める嘆願書を学生に書かせている」というデマの件についてですが、貴大学は、昨日、「授業内における学生団体の要請活動への本学嘱託講師の対応について」という文章をウェブサイトに掲載なさいました。

 私は、この文章が最初に事実関係を説明しておられる点については、あらぬ疑いを解いたという意味があると思います。

 しかし、それらの事実関係からは、その次に述べておられる「結果として受講生に同講師が嘆願書への署名を求めたかのような誤解を与えてしまいました」という結論は出てきません。ですから、「大学として不適切だと考え、講師に対し、指導を行いました」というのは筋が通らない話だと思います。もちろん、こうした政治的問題を扱うには力量や経験、工夫が必要でしょうから、その講師の方の今回のやり方には改善の余地もあったのかもしれませんが、それはあくまで教育実践における研鑽とか助言とかいう次元の問題であり、大学がウェブサイトで「心からお詫び申し上げます」とか、「今後、このようなことが再発しないように徹底してまいります」とかいったような、何かセクハラのような不祥事でも起こしたかのような表現をするのは不適切だと思います。

 より大きな問題は、今回の貴大学の文章には、講師に対するデマや誹謗中傷に対して抗議する内容がまったく含まれていないことです。現在、その講師の方のお名前をインターネットで検索してみると、数ページにわたって、事実を歪曲した無責任な誹謗中傷――嘆願書を「書かせた」とか「単位と引き換え」とか――だらけのサイトが出てきます。私はインターネットで同種の被害に遭われた方を何人か存じ上げておりますが、そうした方々は、みなさん非常な苦痛を強いられていました。もしあなたやあなたの娘さんがこうした誹謗中傷の被害に遭われても、平気でいらっしゃれるのでしょうか?

 しかも、その講師の方に対するデマや誹謗中傷の中は、明らかな民族差別的言辞(「韓国に強制送還しろ」とか「北朝鮮の工作員」とか「チョン」とか)も含まれています。また、そもそも今回ネット上で騒ぎ立てられ、貴大学が声明を出すにまで至ったのは、「朝鮮学校無償化」問題だったからだという面が否定できません。他の政治問題だったら、けっしてこれほどは騒ぎ立てられなかったでしょう。すなわち、今回の問題に関しては、民族差別という要素が含まれていることも見逃してはならいと思います。

 立命館大学の教職員が、デマや誹謗中傷、民族差別の被害に遭われた。それは、けっして私生活上での話ではなく、職場での職務遂行上の行為であった。それなのに、職場である立命館大学は、抗議を全然せずに、むしろその方の落ち度(がかりにあったとして、それ)だけを大げさに謝罪するというのですから、立命館大学は、働いておられる教職員の方々にずいぶん冷たい、と感じざるをえません。

 ですから、私は、貴大学には、講師の方に今回の件をお詫びするとともに、講師の方に対するデマ、誹謗中傷、民族差別に抗議する声明を出していただくようにお願いいたしたく思います。
2014年1月16日
遠山日出也
(住所、電話番号、メールアドレスも記載したが、ここでは略す)

プロフィール

HN:
遠山日出也
自己紹介:
これまで「中国女性・ジェンダーニュース+」の中で取り上げてきた日本の社会や運動についての記事をここに書くようにしました。ご連絡は、tooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpにお願いいたします。

P R